診療Q&A
子供が怖がらないように、治療をして欲しいのですが…
 当院では、痛みが続いている・腫れているなどの緊急の場合を除き、子供たちが嫌だという機械、器具は使わずに治療を進めていきます。回数を重ねながら、徐々に雰囲気や器具に慣れていただき、慣れたものから使い始めます。その他、ここでは説明しきれないような秘密のテクニックが多々ありますので、一度ご来院ください(例えば、生え変わりのため動き始めた乳歯の抜歯には注射を使わず、しかも無痛で抜くことができます)。現在までは、ほとんどの場合、怖がりな子でも2回目以降はひとりで治療できています。そして、笑顔で帰っていきます。

ページの先頭に戻る
乳歯の虫歯について
「乳歯は生え変わるから、痛くない虫歯は治さなくてもいい」と聞きましたが、本当ですか?
 乳歯の場合、痛くなくても病状が進行していることがあります。そのままにしておくと後から生えてくる永久歯の形や色に悪影響があったり、永久歯の歯並びがガタガタになったりします。できるだけ早い時期の治療をお勧めします。

ページの先頭に戻る
永久歯への生え変わりについて
 子供の同年代のお友達はみんな永久歯に生え変わったのに、うちの子には、まだたくさん乳歯が残っています。歯医者さんにつれていったほうが良いでしょうか。
 身長や体重といっしょで、子供の成長には個人差があるものです。ほとんどの場合、気にすることはありませんが、もしご心配であれば一度ご来院ください。相談・健診については無料で承っております。

ページの先頭に戻る
入れ歯を清潔に保つには、どうしたらいいのでしょうか。
 できれば毎食後、歯ブラシを使って流水下で洗ってください。また、入れ歯に付きやすいバイ菌は、歯ブラシで洗ったぐらいでは取れないので、市販の入れ歯用洗浄剤を使用するといっそう清潔に保つことができます。ただ、市販の歯磨き剤には研磨材が含まれており、入れ歯の表面に傷がつき、逆に汚れやすくなってしまいますので使わないでください。
 石のように硬い汚れがついてしまった場合は、ご来院ください。専用の洗浄機と研磨で新品のようにピカピカになります。

ページの先頭に戻る
乳歯の後ろから大人の歯が生えてきました。
6歳の子供ですが、ぐらついた乳歯の裏側から永久歯が生えてきました。どんな処置をするのですか?
この場合、じゃまになっている乳歯を抜いてあげるのが歯並びのためにはいいと思います。ただ、本人が嫌がっているのに無理やり抜くようなことはしませんのでご安心ください。実際に診察してみて永久歯の先端が少し見えている程度であれば、しばらくそのまま経過をみて自然に抜けるのを待つこともあります。将来的な弊害がほとんど無いと考えられる時には、できるだけ自然な成長に任せるのが1番かと思います。

ページの先頭に戻る
子供が前歯をぶつけて永久歯が抜けてしまいました。
事故により歯が抜けてしまった場合、できる限り早く元に戻すことが出来れば歯は元通りにつくことが多いです。目安としては、できれば30分以内に。歯医者さんまで持ってくるときには、お口の中へ入れたまま来るか、牛乳の中へ漬けて持ってきてください。ただ、水洗いだけはしないで下さいね。水道水で洗ってしまうとどんなに処置が早くてもくっつく可能性はかなり低くなってしまいます。あと、できれば根っこの方はできるだけ触らないようにしてください。

ただ、くっついたとしても、1度お口の外へ出てしまった歯はほとんどの場合神経が死んでしまっています。歯はくっついたとしても、神経の処置は必要であると思われますので、かかりつけの歯医者さんでしっかりと説明を受けてください。

ページの先頭に戻る
トップページへ戻る